読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ivory

海辺の街で生まれ育ったsatomiが、ゆるゆるとシンプルライフを目指すブログ。

海辺の街で生まれ育ったsatomiが、ゆるゆるとシンプルライフを目指すブログ


ブックオフのインターネット買い取りを利用してみた…が

f:id:iiivory:20151124033201j:plain

夏に本棚の整理をしたばかりですが、最近もう一度確認してみたら、
出てくる出てくる!必要ない本が!
ただ重い本をブックオフまで持っていくのって、なかなか骨が折れる作業ですよね。
ということで、ブックオフのインターネット買い取りを初めて利用してみました。
ネット買い取りだと、本は20冊以上から受け付けているようです。
今回いらない本は23冊だったのでセーフ!

流れとしては、ブックオフにインターネット買い取りの申し込みをして、
本を詰め込んだダンボールを配達業者に引き取りに来てもらい、
後日銀行の口座に入金されるという仕組み。
身分証明書は、写メを撮ってネット上にアップロードできるようになっています。

本を引き取りに来てもらった5日後にメールで買取明細が届いたんですが。

【明細】
■書籍→8点/345円
■コミック→0点/0円
■CD→0点/0円
■DVD→0点/0円
■GAME→0点/0円
■その他→0点/0円
■買取専用ダンボール→0点/0円
■合計→8点/345円
■お値段のつかなかった商品→15点
■お送りいただいた箱数→1箱

ええっ 345円にしかならなかったんだ…!
しかも値段のつかなかった商品が15点も!
この間、17冊の本をブックオフに持っていって買取金額がギリギリ1000円越えたので、今回もそれくらいになるかなと思ったんですが。
インターネット買い取りは20冊以上じゃないと受け付けて貰えないので
かなり昔の雑誌も梱包したんですよね。
それらが全く値段がつかなかったようですね。
一冊ごとの買取明細もネット上で見られるようになっているので、それをチェックしてみたら、
又吉の「火花」がたったの140円でしたよ。
まだまだベストセラーランキングに入っているのに、ちょっとショックでしたね。
まあお小遣い欲しさというよりは、いらないものを手放してスッキリしたかっただけなので、いいんですけどね(負け惜しみ?)

本や服を売るたびに思うんですが、本当に物って買った瞬間に価値がガクッと下がってしまうんですよね。
そういうこともきちんと考えた上で、厳選して物を手に入れていきたいです。

www.bookoffonline.co.jp

ivory.hatenablog.jp