読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ivory

海辺の街で生まれ育ったsatomiが、ゆるゆるとシンプルライフを目指すブログ。

海辺の街で生まれ育ったsatomiが、ゆるゆるとシンプルライフを目指すブログ


頂きものをしたらお礼状を書く

すごくしっかりしていていいお嫁さんな友達がいます。
私はその子のことを尊敬しているし、行動をいつも参考にさせてもらってます。
その子が結婚したのは23歳くらいのときだったかなぁ。
私の友達の中では結構早めの結婚だったと思います。
結婚相手は10歳近く歳の離れた人だったので、義理のお父さんやお母さんに
「このお嫁さんは若いから礼儀がなっていない」とは絶対に思われたくない!といろいろ気をつけていたようです。

その子がいいお嫁さんになるためにやっていたことは、(私が聞いた限りでは)以下の二点。
・なにか頂きものをしたりお世話になったりしたら、必ずお礼状を書く
・お年賀、お中元、お歳暮、義理の両親の誕生日、父の日、母の日、義理の両親の結婚記念日に忘れず贈り物をする(もちろん自分の親にも)

私も主人と結婚してから、この二点*1を心がけています。
元々友達に手紙を書いたりするのが好きなほうなので、お礼状を書くのは苦にならないし。
(むしろ電話でお礼を言うほうが緊張しちゃうタイプ)
私がこの二点のことを始めたとき、途中でやめないようにしようと心に決めていました。
「結婚した当初はお礼状や贈り物をくれたのに、いつの間にか来なくなったわねぇ」とは絶対思われたくないので。笑
贈り物は、始めからあまり奮発してしまうと後々大変になってくるのは目に見えていたので、
リーズナブルな価格帯(だいたい3000円前後)のものにしています。
そのときによって楽天でお菓子やお酒、海産物などを送ったり、近所のお花屋さんに頼んで花束を配達してもらったりしています。
手元に残るもの(時計とかアクセサリーとか)は贈りません。
正直、自分の親世代の好みってわからないので。

「私はこれだけのことをやってます自慢」みたいになっちゃいましたが、笑
私がその友達からこの話を聞いてすごく参考になったので、
これから結婚される方の参考になったらいいなぁと思ってこんな記事を書いてみました。
逆に、しっかりされている方には「こんなの当たり前のことじゃん」と思われそうですが…笑

特にお礼状の効果は絶大です!
彼氏のご両親と初めてお会いしたときなんかにお礼状を出すと「しっかりした礼儀正しいお嬢さんね」と思われること受け合いです。
お礼状を出すだけで、実際よりも120%くらい好印象になるんじゃないでしょうか。
切手代82円と少しの手間でそこまで株が上がるのなら、安いもんです。
私も実際は結構ぽーっとしているタイプなんですが、お礼状の効果なのか 必要以上にきちんとしていると思われています。
私はいつもEvernoteに下書きをしてから、便せんに書き写しています。
そうすると後からでも過去に書いた手紙をチェックすることができるので便利!
お礼状の文面は始めの頃はどう書いたらいいのかわからなかったので、ネットで検索して調べていました。
その場合は丸写しだと気持ちが伝わらないので、自分なりの文章をきちんと付け加えないとだめですね。
最近やっとすらすら書けるようになってきました。

△ 最近Twitterでこんなツイートを見かけて、まさしくこの通りだと思いました。

f:id:iiivory:20160110233259j:plain

手紙を書くときのために、可愛い切手はストックしておきます。
これは、去年の冬に買った「ぐりとぐら」。
最近発売された多肉植物の切手も気になっています。

*1:あ、違うか。義理の両親の結婚記念日だけは、なにもしていません。
そもそも自分の両親の結婚記念日すら知らないし…笑